HOME > Figure > 08-NHK杯 / フィギュアスケート

2008 NHK杯 国際
フィギュアスケート競技会

11/28~30
東京・国立代々木競技場第一体育館

女子シングル

 浅田真央が女子では前人未到の2回のトリプルアクセルに挑んだ。
 ショートプログラムトップに立った浅田は、フリー冒頭にトリプルアクセルのコンビネーション、続いて単独のトリプルアクセルを予定していたが、最初のトリプルアクセルが単独になった。「2回チャレンジしようと思っていた。最初が単独になってしまったので次にコンビネーションにしないと意味がないと思って、思い切って行こうと思った」2回目のトリプルアクセルは回転不足として認定はされなかったが、価値のあるNHK杯の優勝を飾った。

「1回目の優勝の時(06年)はアクセルが決まらない時だったのでアクセルが跳べてうれしかったけれど、今回はアクセルが2回跳べてうれしかった」(浅田)

 2位には鈴木明子、3位には中野友加里が入った。

男子シングル

 男子は、今シーズンを怪我で欠場している高橋大輔に代わって、二年ぶり復帰した織田信成に注目が集まった。
 織田は今シーズンモロゾフに師事し、4回転ジャンプも構成に取り入れるなど意欲的。しかしながらブランクの影響か、緊張により本番では満足な出来には至らなかった。フリーでは冒頭の4回転で着氷を乱すと、細かなミスも続いた。しかしながら技術点の高さに救われ、3年ぶりNHK杯優勝を果たした。

 2位には ジョニー・ウィア (アメリカ)、3位には ヤニック・ポンセロ (フランス)が入った。

08-nhk-l073.jpg

アイスダンス

 ファイナルへの出場権を懸け、イタリアのフェデリカ・フェイエラ / マッシモ・スカリ組と、フランスのナタリー・ペシャラ / ファビエン・ブルザ組との争い。フリーで「月光」を滑ったフェイエラ/スカリ組が優勝し、ペシャラ / ブルザ組が2位。3位にアメリカの エミリー・サムイルソン / エバン・ベイツ組が入った。

ペア

 演技中から割れんばかりの声援を受けたのが2位に入ったアメリカの井上怜奈 / ジョン・ボルドウィン組。日本、アメリカ両国旗がいっぱいに揺れる会場は圧巻。トリノ五輪七位の後はマイペースな競技生活を送っているが、井上を起用したCMで認知度も上がり、今後の活躍がますます期待されている。

 優勝は、中国の実力ペア、チン・パン / ジャン・トン組、3位はカナダの ジェシカ・ジュベ / ブリス・デービソン組。

<Text/Photo Miwa MORI>

08-nhk-043.jpgフェイエラ / スカリ組 <ITA>

08-nhk-036.jpgペシャラ / ブルザ組 <FRA>

08-nhk-032.jpgサムイルソン / ベイツ組 <USA>

08-nhk-025.jpgC.リード/C.リード

08-nhk-048.jpgナバロ/ボンメントレ <USA>アイスダンス

08-nhk-047.jpgボブロワ / ソロビエフ組 <RUS>アイスダンス

08-nhk-015.jpgゴルシコワ / ブチコフ組 <RUS>アイスダンス

08-nhk-073.jpgチン・パン / ジャン・トン組 <中国>ペア

08-nhk-068.jpg井上 怜奈 / ジョン・ボルドウィン組<USA>ペア

08-nhk-088.jpgジェシカ・ジュベ / ブリス・デービソン組

08-nhk-057.jpgセルゲイエワ/グレボフ組 <EST>

08-nhk-083.jpgケンプ/キング組 <GBR>

08-nhk-m023.jpg織田 信成

08-nhk-m055.jpgジョニー・ウィア <USA>

08-nhk-m029.jpgヤニック・ポンセロ <FRA>

08-nhk-m051.jpg無良 崇人

08-nhk-m001.jpg南里 康晴

08-nhk-m046.jpgアドリアン・シュルタイス <SWE>

08-nhk-m026.jpgケビン・レイノルズ <CAN>

08-nhk-l070.jpg浅田 真央

08-nhk-l058.jpg鈴木 明子

08-nhk-l048.jpg中野 友加里

08-nhk-l060.jpgラウラ・レピスト

08-nhk-l062.jpgアシュリー・ワグナー <USA>

08-nhk-l037.jpg長洲 未来 <USA>

08-nhk-002.jpgカタリーナ・ゲルボルト <RUS>