HOME > Rhythmic Gymnastics > 07- RG AEON-CUP イオンカップ / 新体操

イオンカップ
世界新体操クラブ選手権
大会 2007

2007.10.5~7 東京・東京体育館

 悲願の世界選手権初優勝を飾ったウクライナのアンナ・ベッソノワが来日し、大きな注目が集まった。

 十数年にわたり、新体操界ではロシアとウクライナが激しくせめぎあってきた。アテネ五輪金メダリストのアリーナ・カバエバの登場と前後して、難度重視のロシアに軍配があがってきたが、芸術性の高いウクライナの新体操を支持する声も高く、人気は常に二分されてきた。
あと一歩ロシアに及ばず惜敗をきしてきたそのウクライナが、遂に頂点に立ったのがギリシャでの世界選手権だった。

「ウクライナの新体操が一番であると世界が認めた」

07-aeon-013.jpgA・ベッソノワ (ウクライナ) 世界選手権初優勝

 ベッソノワは日本で誇らしげに語ったが、ロシアもこのまま負けを認めるわけにいかない。
 世界選手権からわずか2週間、女達の意地とプライドをかけた戦いが場所を変え、このイオンカップで再び繰り広げられたのである。

 昨年は不調気味だったロシアのカプラノワは今年は復調。「新体操界のシンデレラ」と称され鮮烈な世界デビューを飾ったのは一昨年。
昨年は思うような成績を残せずに、同僚のセシナや現役復帰を果たしたカバエバに注目をさらわれることが多かった。

今年はロシアの顔として貫禄さえも漂うようになり、自らの役割、課された責任を果たせるにふさわしい存在へと成長していた。新体操王国ロシアとしての自らの役目を確実にこなし、ギリシャでの借りを返すのように、カプラノワがイオンカップの優勝を飾った。

「ミスを出した方が負け」

トップ選手たちは口を揃えて語る。
計り知れないプレッシャーの中にこそ、彼女達の美しい世界があるのである。

07-aeon-003.jpg

 クラブチーム戦もロシアのガスプロムが優勝。日本はイオンの10位が最高だった。

<Text/Photo Miwa MORI>

07-aeon-004.jpgオルガ・カプラノワ RUS 1st07-aeon-002.jpgオルガ・カプラノワ RUS 1st07-aeon-008.jpgベラ・セシナ RUS 2nd07-aeon-007.jpgベラ・セシナ RUS 2nd07-aeon-040.jpgアレキサンドラ・エルマコワ RUS
07-aeon-014.jpgアンナ・ベッソノワ UKR 3rd07-aeon-010.jpgアンナ・ベッソノワ UKR 3rd07-aeon-018.jpgナタリア・ゴデュンコ UKR07-aeon-020.jpgナタリア・ゴデュンコ UKR07-aeon-028.jpgダリア・クシュネロワ UKR
07-aeon-038.jpgA.ガラエバ (AZE)07-aeon-035.jpgA.クルバノワ (AZE)07-aeon-025.jpgジゥイラ・グリヤエワ (AZE)07-aeon-047.jpgイリーナ・ライゼンソン (ISR)07-aeon-048.jpgネタ・リフキン (ISR)
07-aeon-022.jpgインナ・ジュコワ (BLR)07-aeon-023.jpgリュボフ・チャルカシナ (BLR)07-aeon-029.jpgエリザベス・ペイシェバ (BUL)07-aeon-034.jpgツベトリーナ・ストヤノワ (BUL)07-aeon-043.jpgベク・ジ・ソン (KOR)
07-aeon-051.jpg井上 実美07-aeon-049.jpg穴久保 璃子07-aeon-050.jpg横地 愛07-aeon-052.jpg横山 加奈07-aeon-042.jpgリー・クン・ファ (韓国)